化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > 化粧品事業でリピート顧客を増やすにはどんな通販方法がおすすめ?

化粧品事業でリピート顧客を増やすにはどんな通販方法がおすすめ?

化粧品事業でリピート顧客を増やすにはどんな通販方法がおすすめ?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧品事業でリピート顧客を増やすにはどんな通販方法がおすすめ?

インターネットの発達もあり、今日では「通販」という販売方式は消費者にとって身近で抵抗感の少ないものになりました。特に化粧品事業の分野では、小売店など既存の販路を持たない、新規参入企業の多くは通販によって自社商品の販売を行っています。

化粧品事業に新規参入する際に、重要なのがリピート顧客を増やしていくことです。今回は通販方法の中でもリピート顧客獲得に有効な「単品リピート通販」という方式についてご説明します。

 

化粧品事業でリピート顧客を増やすには「単品リピート通販」が有効

単品リピート通販とは、一言でまとめると「少品種・定期購入」の通販方法です。

一般的に通販といえばAmazonや楽天に代表されるように数多くの商品を販売する「総合通販」をイメージされる方が多いかと思います。

単品リピート通販は、こうした「多品種・単発購入」の方式とは異なり、少数の商品を1ヶ月に1回など定期的なペースで購入してもらう方式です。

 

単品リピート通販のメリット・デメリット

では、単品リピート通販にはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

まず、販売するものは基本的に自社ブランドの製品になるので、小売店やほかの通販サイトとの間で価格競争に巻き込まれずに済むというメリットがあります。どこでも気軽に買えるような商品であれば、価格競争に伴って値下げが行われる場合もありますが、単品リピート通販ではそういった必要がないため高利益率を保てます。

一方、デメリットとしては販売経路が限定されるため、新規顧客の獲得が難しい点が挙げられます。販売経路が広ければ、その分、商品の露出も自然と増え、購入に結びつく機会が増えるからです。こうしたデメリットを補うため、単品リピート通販ではマーケティングコストが高くなりやすい傾向にあります。

 

リピート顧客を増やすには、こんな製品パターンや販売方法がおすすめ!

実は、単品リピート通販は化粧品事業と非常に相性の良い販売方法でもあります。テレビCMや雑誌の広告などで、「定期購入」をうたった化粧品の宣伝を目にしたことのある方も多いでしょう。こういった宣伝広告こそ単品リピート通販の具体的な事例です。

実際に、どんな製品パターンや販売方法で単品リピート通販が行われているのかをご紹介します。

 

定期購入で割引がつくコース

「3ヶ月間の定期購入コースお申込みで、1週間分が無料」などとうたっている通販がこれにあたります。割引というメリットをつけることで、定期的な商品購入を促しています。

初回無料のサンプルや低価格のトライアルセット

「初回無料」のサンプルや、低価格で購入しやすい体験版を提案する方法です。購入のハードルを下げ、まずは商品に触れてもらうことで、定期購入を始めるきっかけを作ることができます。

クロスセル・アップセルを行う

クロスセルとアップセルは、すでにリピーターとなった顧客に対して行われるプロモーションの方法で、どちらも顧客一人あたりの売上を増やす目的で行われます。

購入している商品と異なるカテゴリの商品購入を勧めるのが「クロスセル」、同系列でよりグレードの高いタイプのものを勧めるのが「アップセル」です。化粧品には、特定のブランドを気に入ると継続的に購入してもらいやすいという特性があります。

そのため、単品リピート通販を利用すれば、効果的に売上を増やしていくことができるはずです。

           

化粧品OEMの
お問い合わせ・ご相談

日本ゼトックでは、化粧品の製造委託、開発委託を承っております。
高品質を保持して、大ロットの製造を行う環境を準備しております。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ最新記事

SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/02/03
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/1/20~1/22に幕張メッセで開催された第10回化粧品開発展に出展させていただき、3日間で大変多くのお客様に足をお運びいただきました。数ある企業の中で弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。中でも重曹やマンナン配合のスクラブ製剤、チューブタイプのバームクレンジングなどは多くのお客様に興味をお持ちいただき手に取っていただきました。今回はスクラブ製剤、クレンジング製剤を中...
日本ゼトック
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介②
2019/10/04
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介②
性能と見た目を両立した製剤に引き続き2019年化粧品開発展にて展示していた製剤をベースにご紹介します。医薬部外品歯磨剤の豊富な開発経験より培われた薬事対応ノウハウを活かした製剤です。 ヘパリン類似物質配合薬用化粧品 医薬品と同じ有効成分ヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品です。性状はローションンタイプとクリームタイプがあり、特にローションタイプはまだ世に出ている商品は少なく希少な実績であります。も...
商品開発
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介
2019/09/20
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介
昨今の化粧品では多様なニーズに対応するため様々な性能をもつ製剤があります。また若者世代のSNS映えの観点からアイキャッチな商品も多く見受けられます。日本ゼトックでは長年培ってきた経験と技術を活用して、この性能と見た目を両立した製剤をご提案することが可能です。2019年化粧品開発展にて展示していた製剤をベースにご紹介します。 カスタマイズスクラブ カスタマイズスクラブはご要望のスクラブに合わせて、ス...
商品開発

おすすめ記事

SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/02/03
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/1/20~1/22に幕張メッセで開催された第10回化粧品開発展に出展させていただき、3日間で大変多くのお客様に足をお運びいただきました。数ある企業の中で弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。中でも重曹やマンナン配合のスクラブ製剤、チューブタイプのバームクレンジングなどは多くのお客様に興味をお持ちいただき手に取っていただきました。今回はスクラブ製剤、クレンジング製剤を中...
日本ゼトック
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介②
2019/10/04
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介②
性能と見た目を両立した製剤に引き続き2019年化粧品開発展にて展示していた製剤をベースにご紹介します。医薬部外品歯磨剤の豊富な開発経験より培われた薬事対応ノウハウを活かした製剤です。 ヘパリン類似物質配合薬用化粧品 医薬品と同じ有効成分ヘパリン類似物質を配合した薬用化粧品です。性状はローションンタイプとクリームタイプがあり、特にローションタイプはまだ世に出ている商品は少なく希少な実績であります。も...
商品開発

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL03-5323-5250
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム