化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > 商品開発をOEM生産で行えばスマート化可能!

商品開発をOEM生産で行えばスマート化可能!

商品開発をOEM生産で行えばスマート化可能!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
商品開発をOEM生産で行えばスマート化可能!

OEM生産という言葉を聞いたことがあるけれど、具体的にどのようなことを指すのかわからないという方は多いのではないでしょうか。OEMとは、オリジナル・イクイップメント・マニファクチュアリング、またはオリジナル・イクイップメント・マニファクチュアラーの略称で、商品の生産だけを受託者に依頼する手法です。

OEM生産には、商品開発のスマート化に繋がるというメリットがあります。ここでは、OEM生産による商品開発がなぜスマート化になるのか、プライベートブランドとの違いなどとあわせて詳しく解説します。

OEM生産が事業のスマート化に繋がる理由

一般的な商品開発の方法は、設計から生産までを受託者に依頼します。OEM生産の場合は、設計は自社で行い、生産だけを依頼するのです。OEM生産であれば、商品開発のために工場を建設する必要がありません。そのため、工場建設にかかるコストや人件費の他、電気代などの維持コストを削減できます。商品の売れ行きがいい場合は、工場維持のコストがかかっても黒字になりますが、売上が低迷している状況では赤字になることも少なくありません。

また、OEM生産は、受託者にノウハウを提供することで、自社工場を持った場合と同じようなクオリティで商品開発が可能です。工場の維持コストがかからないため、景気が悪いときは商品を開発しないという手段も選べます。つまり、無駄のない商品生産が可能な方法と言えるのです。

OEM生産の流れ

OEM生産は、製品企画とデザイン、あるいは製品企画だけを自社で行い、生産またはデザインから生産までを委託します。そのため、委託者は仕様書を作成し、受託者に渡すことが必要です。受託者が仕様書をもとにサンプルを作製し、委託者に確認を取ります。そして、発注量や納期などの詳細を決めたら製造開始です。完成した商品は、仕様書の内容を満たしているか十分に検品された後に納品となります。

プライベートブランドとの違い

プライベートブランドはOEMと混同されがちです。プライベートブランドは、小売店やサービス業者がメーカーに対してOEM生産を依頼します。つまり、小売店やサービス業者が商品を企画し、製造だけをメーカーに委託するのです。OEM委託者が有名企業であるなどブランド力がなければ、信頼性を獲得することが難しいというデメリットがあります。

化粧品以外のOEM生産の例

OEM生産は、コンビニエンスストアや自動車で行われています。セブン&アイグループのプライベートブランドである「セブンプレミアム」は、「日清食品」や「キューピー」など知名度が高い企業が製造しています。自動車では、スズキがマツダの軽自動車を生産しています。これは、軽自動車だけは通常サイズの自動車とは製造ラインが異なるためです。軽自動車の生産には、別で製造ラインを作る必要があるため、コストがかかります。OEM生産によってコストを削減できた良い事例と言えるでしょう。

OEM生産で無駄のない商品開発を

OEM生産を選ぶことで、売れ行きが悪いときに工場の維持コストによる打撃を受ける心配がなくなります。また、ノウハウを提供することで自社工場を持ったような感覚で商品を開発できるようになるのです。OEM生産は、無駄のない商品開発によって、企業を支える手法と言えます。低コストで高い利益を挙げるために、OEM生産を活用しましょう。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL03-5323-5250
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム