化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > 【アンケート】ボディスクラブの不満点はありますか?

【アンケート】ボディスクラブの不満点はありますか?

【アンケート】ボディスクラブの不満点はありますか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【アンケート】ボディスクラブの不満点はありますか?

ボディスクラブは定期的に使い続けることで黒ずみやざらつきを解消し、透明感のある素肌に導いてくれるアイテムです。フェイススクラブと同様にお肌の角質ケアの有効策として、今ではさまざまなタイプのものが提供されています。ソルトやハーブといった自然材料をもとにした敏感肌対応や、入浴後のケアが不要の保湿成分を配合している商品などもあります。

しかし現代女性は全身のケアについても、意識が高くなってきています。肌質、年代といった悩みに合わせた商品が多数ある中で、実際に利用している女性たちはどのように感じているのでしょうか。ここでは20~50代女性のアンケート結果を元に、ボディスクラブに対しての率直な感想を見ていきます。

 

Q1 ボディスクラブの最も不満な点はなんですか?

1位 刺激が強い…36%
2位 肌が乾燥する…14%
3位 洗い流しに時間がかかる…10%
4位 効果が感じられない…10%
5位 かゆくなる…9%
6位 使いにくい…3%
7位 スクラブ感が弱い…1%
一度も使用したことがない…16%
その他…1%

 

第1位:刺激が強い

不満の第1位は「刺激が強い」で、全体の36%と2位以下を大きく引き離しています。スクラブは一般に粒子の粗さで刺激の強さが変わりますが、使用後のかゆみや赤み、乾燥などに不安を感じている女性が多いようです。特に皮膚が薄い部分や肌が弱いと自覚している人は、丁寧に優しく加減をしてみても刺激があるという回答が見られます。季節や肌の状態によって左右されたり、中には痛みが残ったりする場合もあり、角質除去はしたいけれどダメージが心配で継続使用に迷うという人も少なくありません。また商品によっては香りのきつさも、刺激への不安を高める要因となっています。

 

第2位:肌が乾燥する

「肌が乾燥する」と答えた人は14%でした。1位となった「刺激の強さ」とも関連していますが、使ったときは気持ちが良くても、後から乾燥するという意見が多数聞かれました。これは特に敏感肌でないというタイプでも、ひんぱんに起こり得る症状のようです。使い続けたら乾燥がひどくなったり、赤みが消えづらくなったりしたという報告もあります。ボディスクラブをした後はいつもよりもリッチなボディ用乳液やボディクリームを使い、入念なケアを行うという人が多いようです。

 

第3位:洗い流しに時間がかかる

3位は「洗い流しに時間がかかる」という回答で、全体の10%を占めています。オイルなどが配合されているためか、シャワーなどで少し洗い流しただけではヌルヌルした感じか取れず、湯船に入ってこすらないと洗い流しきれないというような意見が多く見られました。なかには、うっかり洗い残しがあったため、パジャマを汚してしまったという人も。短時間でも洗い流せるような溶剤を工夫することが求められています。

 

一度も使用したことがない人は16%もいる!

ボディスクラブについての最も大きな不満は、刺激、乾燥による肌へのダメージだということがわかりました。せっかく美しい素肌を目指しているのに、ボディスクラブが肌を荒らしてしまう原因となっては元も子もありませんよね。ボディスクラブ開発の際は、刺激や乾燥をいかに抑えたマイルドな使用感の製品を作るかが、成功のカギとなりそうです

その一方で、刺激や乾燥が気になりながらも、ボディスクラブを使い続けているユーザーが一定数いることも事実です。使用後に保湿を念入りに行うなどの工夫をしながら、使用を継続する女性も多く、ボディスクラブの効果に対するニーズがそれだけ高いことが伺えます。

また、ボディスクラブを1回も使用したことがない人が16%もおり、ボディスクラブに対するマイナスイメージを払拭することができれば、このジャンルの伸びしろは大きいといえます。

たとえば、ボディスクラブへの不満をなくすために、肌との相性の良い商品を見つける機会を提供するなどの販促手法が考えられます。また、素材や使用感の異なる商品を、1回分ずつのパックにしたお試し用が購入できれば、肌とのミスマッチが減少するかもしれません。さらに、ボディスクラブの効果や、使用方法についてのわかりやすい情報発信も重要です。同じスクラブでも「こすらずに肌の上で転がすように使う」「ひざやひじなど角質の多い部分にだけ使う」「たっぷりと水分を与えてから使う」「1度の軽いタッチで効果がある」など、具体的で誤解のない使用方法を伝えることで、不満点の解消につながる可能性があるのではないでしょうか。

ボディスクラブに対するイメージを一新できれば、化粧品業界のなかで確固たる ポジションを築けるチャンスがありそうです。新製品開発を検討されている企業は、一度、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

           

化粧品OEMの
お問い合わせ・ご相談

日本ゼトックでは、化粧品の製造委託、開発委託を承っております。
高品質を保持して、大ロットの製造を行う環境を準備しております。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ最新記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/02/03
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/1/20~1/22に幕張メッセで開催された第10回化粧品開発展に出展させていただき、3日間で大変多くのお客様に足をお運びいただきました。数ある企業の中で弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。中でも重曹やマンナン配合のスクラブ製剤、チューブタイプのバームクレンジングなどは多くのお客様に興味をお持ちいただき手に取っていただきました。今回はスクラブ製剤、クレンジング製剤を中...
日本ゼトック

おすすめ記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL03-5323-5250
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム