化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > 化粧品の「顔」ともいえる容器の最適な選び方とは?

化粧品の「顔」ともいえる容器の最適な選び方とは?

化粧品の「顔」ともいえる容器の最適な選び方とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
化粧品の「顔」ともいえる容器の最適な選び方とは?

化粧品の場合、容器は商品の「顔」ともいえる要素です。ブランドイメージを左右し、陳列されているなかから消費者が手に取ってくれるかどうかといったことも、容器のデザインによって変わってきます。

容器を選ぶ際には、商品のターゲットや価格、コンセプトなどに合ったものであることが重要なポイントになります。具体的には、容器の材質、形状、キャップの種類を検討する必要があります。今回は、一般的な化粧品容器の種類とその特徴、化粧品に合った選び方をご紹介しましょう。

材質

化粧品容器の材質には、大きく分けて樹脂(プラスチック)とガラスがあります。

樹脂は、化粧品容器に使われている素材としてもっともメジャーなもので、ガラスと比較して軽くて安価です。適度な光沢と清潔感があり、化粧品の入れ物としてはまさにうってつけだといえるでしょう。

また、加工しやすいため、さまざまな形状の容器を作ることができますし、表面に着色・加工を施すのも容易です。不透明なものを選べば太陽光(紫外線)を通さないため、光によって品質が劣化する化粧品にも適しているといえるでしょう。安価なので、大量生産にも向いています。

一方、ガラスは高級感があり、空気による酸化や成分が吸着されるおそれがないため、 製剤の安定性が保ちやすい特徴があります。また、変形しづらく熱を通しにくいため、外部からの影響によって変質しやすい化粧品の容器に適しているといえるでしょう。ただ、重く衝撃に弱いため、充填工場が限られる場合があります。

形状

化粧品容器の形状には、チューブタイプ、ジャータイプ、ボトルタイプがあります。

チューブタイプとジャータイプは、粘度の高いクリーム、ジェル、ペーストに適した容器で、ボトルタイプは化粧水や乳液など粘度の低い液状の化粧品に適しています。

チューブタイプは、一般的な歯磨き粉の容器のように柔らかく作られており、押すことで中身を適量ずつ取り出しやすいメリットがあります。使えば使うほど、だんだん容器がへこんでくるため、感触で減り具合を把握しやすいのも利点です。軽くて収納しやすく、持ち運びにも便利です。滴下タイプやドーム型で塗りやすいものなど製剤の性状や使用方法によってさまざまな形状の口元が選択できますが、素材は樹脂のみとなります。

ジャータイプは、クリームやゲル、パウダーの容器として使われます。ハンドクリームや整髪用ワックス、ボディクリームなど、ボディケア製品に使用されることもあります。外気に触れる面積が大きく、指を入れて使うため、雑菌が入りやすいのが難点です。防腐剤の配合など製剤に配慮する必要があります。

ボトルタイプは、化粧水や乳液といった粘度の低い液状の化粧品の容器として使われます。素材は、樹脂、ガラスとも可能。自立し、省スペースなため、陳列しやすく、消費者が購入後も管理しやすい形状です。

キャップ

キャップには、ワンタッチタイプ、スクリュータイプ、ポンプタイプがあります。

スクリュータイプは嵌合性が高いため、スクラブ剤や持ち運ぶものに適しています。ワンタッチタイプは片手で簡単に操作でき、キャップを落とす心配もありません。ポンプタイプには、さらにミストタイプ、ドロップタイプ、泡タイプがあり、いずれも適量を吐出することができる点がメリットです。

デザインについて

化粧品容器は、そのままだと無色透明や白色のものが多く、オリジナリティを出す方法としては、直接容器に印刷する方法と、ラベルに印刷し貼り付ける方法があります。

容器は着色も可能です。着色することでデザイン性を持たせることはもちろん、太陽光の影響を抑えることもできるようになります。透明で色の薄い容器は太陽光を通し、品質が劣化する可能性があるため、化粧品容器にはあまりお薦めできません。

容器の選択方法

最後に、化粧品に合った適切な容器を選ぶ方法をご紹介します。製剤の性状によってある程度容器の選択は狭まりますが、価格やコンセプトなどを考慮して選択することが大切です。また、ターゲット層や使用場面を考慮し、使いやすさを考えることも大切です。

容器によって、容量を1ヵ月使用分にするなど、消費者の購入サイクルを設計することも可能です。製剤の性状、商品の容量、使用場面、ターゲット、価格、コンセプトなどによって最適な容器を選択しましょう。

           

化粧品OEMの
お問い合わせ・ご相談

日本ゼトックでは、化粧品の製造委託、開発委託を承っております。
高品質を保持して、大ロットの製造を行う環境を準備しております。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ最新記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/02/03
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/1/20~1/22に幕張メッセで開催された第10回化粧品開発展に出展させていただき、3日間で大変多くのお客様に足をお運びいただきました。数ある企業の中で弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。中でも重曹やマンナン配合のスクラブ製剤、チューブタイプのバームクレンジングなどは多くのお客様に興味をお持ちいただき手に取っていただきました。今回はスクラブ製剤、クレンジング製剤を中...
日本ゼトック

おすすめ記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL03-5323-5250
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム