化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > 「無添加化粧品」の商品を開発する際に気を付けるべきポイント

「無添加化粧品」の商品を開発する際に気を付けるべきポイント

「無添加化粧品」の商品を開発する際に気を付けるべきポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「無添加化粧品」の商品を開発する際に気を付けるべきポイント

化粧品のパッケージを見ているとき、「無添加」という表示を目にしたことはないでしょうか?無添加というと「体に悪い成分を配合していない、優しい化粧品」をイメージする方も多いと思います。

しかし、実際には化粧品の広告やパッケージに「無添加」と表記するためには、さまざまな細かいルールを守らなければなりません。今回は、「無添加化粧品」を作る際、開発者が気をつけるべきポイントをご紹介しましょう。

 

「無添加化粧品」とは

「無添加化粧品」とは、「特定の成分を含まない化粧品」のことです。化粧品の原料として一般的に使われているものの中には、人体に悪い影響を及ぼすと指摘される成分も含まれています。そのため、そうした一部の成分を含まないとPRすることは自社製品の差別化につながります。

とはいえ、無添加の表記は化粧品の効果や成分の働きについて消費者にあらぬ誤解を与える危険性もはらんでいます。そのため、広告や商品のパッケージに「無添加」と表記できるのはどのような場合なのか、どんな表現が可能なのかは規則によって厳密に定められているのです。

 

無添加表記で気をつけたいこと

化粧品に無添加表記を行う際に守るべき規則としては、化粧品公正取引協議会が定める「化粧品の表示に関する公正競争規約」と、日本化粧品工業連合会が定める「化粧品等の適正広告ガイドライン」の2種類があります。

化粧品の表示に関する公正競争規約
http://www.cftc.jp/kiyaku/kiyaku04.html
http://www.cftc.jp/kiyaku/kiyaku02-4.html
化粧品等の適正広告ガイドライン
https://www.jcia.org/n/biz/gl/01-2/

「化粧品の表示に関する公正競争規約」によれば、「『無添加』の表記を行う際は、配合されていない成分(群)を併記する必要がある」と定められています。つまり、「何が添加されていないのか明記する必要がある」ということです。

また、着色剤や防腐剤などを含まない場合は「防腐剤無添加」のように表記することができます。ただし、たとえばパラベンのように「一般的には防腐剤として使われることの多い成分を安定剤として使用している場合」などは、消費者に誤解を与える可能性があるため、「防腐剤無添加」とは表記できません。

続いて、「化粧品等の適正広告ガイドライン」についてご説明しましょう。基本的には「化粧品の表示に関する公正競争規約」の内容を踏襲していますが、新たに「100%無添加」のようなキャッチコピー的表記の禁止が定められています。

 

「無添加」で注意すべき主要成分

無添加化粧品を開発するにあたって、特に注意しておきたい主要成分をご紹介しましょう。(記載のある規約・ガイドラインは以下の通りです)

※1:化粧品の表示に関する公正競争規約
※2:化粧品等の適正広告ガイドライン

 

エタノール

エタノールを含まない製品には「ノンアルコール(ノンエタノール)」と表記することができます。(※1)

キャリーオーバー成分

キャリーオーバー成分とは、原料抽出の際に用いられる成分や安定剤・酸化防止剤として使われる成分のことです。キャリーオーバー成分は、化粧品の成分表示に記載する必要はありませんが、「無添加」と表記することはできないので注意しましょう。(※2)

香料・着色料

香料や着色料を使用していなくても、多成分により明らかに香りや色がついている商品の場合、「消費者に誤解を与えないよう注意する必要がある」と定められています。(※1)

パラベン

防腐剤としてよく使用されているパラベン(パラオキシ安息香酸エステル)を含まない場合、パラベン無添加、またはパラベンフリーと記載できます。(※1)

鉱物油

オイルには、動物性油、植物性油、鉱物油があります。鉱物油とは、石油を原料として合成・生成されたオイルのことです。鉱物油を含まない場合、無鉱物油、鉱物油フリーと記載できます。(※1)

アレルギーテスト済み・ノンコメドジェニックテスト済み

「成分」ではありませんが、アレルギーテストやノンコメドジェニックテスト(ニキビができにくいことを確かめるテスト)を実施し、そのことをパッケージに記載する場合、「すべての人にアレルギーやニキビが発生しないと保障するわけでありません」といった注意書きを併記する必要があります。(※1)

 

「消費者に誤解を与えない表現」を守ろう

無添加化粧品を開発する際に気をつけるべきポイントは、「消費者に誤解を与えるような表現は慎む」ということです。「無添加」という点を差別化のポイントとして強調したいあまり、言葉が大げさになってしまったり、特定の成分や他社製品を貶めるような言い方になってしまったりしてはいけません。あくまで誠実に何の成分を含んでいないのかだけを伝え、それをどう解釈するかは、消費者一人ひとりの判断に任せる、という姿勢を持つことが大切です。

           

化粧品OEMの
お問い合わせ・ご相談

日本ゼトックでは、化粧品の製造委託、開発委託を承っております。
高品質を保持して、大ロットの製造を行う環境を準備しております。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ最新記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/02/03
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/1/20~1/22に幕張メッセで開催された第10回化粧品開発展に出展させていただき、3日間で大変多くのお客様に足をお運びいただきました。数ある企業の中で弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。中でも重曹やマンナン配合のスクラブ製剤、チューブタイプのバームクレンジングなどは多くのお客様に興味をお持ちいただき手に取っていただきました。今回はスクラブ製剤、クレンジング製剤を中...
日本ゼトック

おすすめ記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL03-5323-5250
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム