化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > マスクを付けていたら肌が荒れた!原因と対策は…?

マスクを付けていたら肌が荒れた!原因と対策は…?

マスクを付けていたら肌が荒れた!原因と対策は…?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マスクを付けていたら肌が荒れた!原因と対策は…?

マスクを着用していると、マスク内は温度・湿度ともに高い状態になります。 寒くて乾燥するこれからの季節、一見、保湿効果で肌に良さそうにも思えますが、マスクによる肌荒れに悩む方も少なくありません。

具体的には、ニキビや吹き出物、かゆみなど。 マスクを付けていない時には現れなかったこれらのトラブルが、どうして起きるようになったのか、その原因と対策をご紹介いたします。

マスク着用時の肌荒れの原因とは

なぜマスクを付けていると肌が荒れてしまうのか、その原因を探ってみましょう。

マスクと肌がこすれた際の摩擦

マスクを着用している間、人と話したりマスクのフィット感を直したりと、幾度となく肌とマスクがこすれます。その摩擦によって表皮の一番外側にある角質層が持つバリア機能が弱まって肌が乾燥しやすくなります。乾燥により、肌のターンオーバーが乱れると角質層が厚くなり、毛穴の入口が詰まってニキビができやすくなってしまうのです。
マスクと肌がこすれやすい鼻の頭やあごにニキビや吹き出物ができている方は、このマスクとの摩擦が原因であると考えられます。

マスクの中で汗や皮脂がたまるため

別記事『「マスク着用時の口臭が気になる…」対策法をご紹介』でもご紹介していますが、マスクの中は、自身の吐く息の温度や湿度がこもるため、蒸れた状態になっています。雑菌が繁殖しやすいのと同時に、汗や皮脂もたまるため、肌にはあまり良くない環境です。

マスクとの摩擦が原因でできたニキビも、この環境の中でどんどん悪化していきます。

マスクの付け外しの際の温度・湿度差

マスクの着用中、食事の際や周囲に人がいなくなった時など、一時的にマスクを外すこともあるでしょう。これが肌荒れの一つの原因になっています。
上でもお伝えした通り、マスクを付けている間は高温・多湿の状態になっているため、マスクを外した瞬間の肌は、お風呂上りに近い状態となっています。皮膚がふやけた弱い状態で急激な温度・湿度低下にさらされることで、角質層のバリア機能や保湿機能の低下につながってしまいます。

化粧品業界市場レポート

化粧品OEMに関するお役立ち資料を
無料でダウンロードいただけます

コロナ後の化粧品業界がどう変化するのか、
今後の動向や注意するべきポイントを分析した資料です。

 

マスクによる肌荒れを防ぐ方法

こうしたマスク着用による摩擦や高温・高湿、急激な温度・湿度変化による肌荒れは、どのように回避したら良いのでしょうか?

肌にやさしい素材のマスクを選ぶ

マスクと肌のこすれによる摩擦は、マスクの素材選びで対策しましょう。 最も肌にやさしい素材は「ガーゼ」です。ただし、人によって肌との相性もあるため、自分で一番快適な素材を選ぶと良いでしょう。 摩擦の刺激は、素材だけでなくマスクの形状とも関係します。マスクの形状には、大きく分けて「平型マスク」「プリーツ型マスク」「立体型マスク」の3種類があります。

マスクの形状については、こちらの記事をご覧ください。

【関連記事】
意外と知らない「マスクの正しい付け方」とは?

また、自分のフェイスラインにフィットする大きさのマスクを選ぶことで、摩擦を軽減できます。

毎日のスキンケアに工夫

マスクとの摩擦や、高温・高湿にさらされたり急激な温度・湿度差でバリア機能・保湿機能が落ちている肌に対するケアとしてもっとも重要なのが「洗浄と保湿」です。

よく泡立てた洗顔料を使って、ゴシゴシこすらないようにやさしく洗い、洗顔後は刺激を与えないようにタオルをやさしく押し当てて拭き取ります。その後、化粧水、乳液、クリームの順に保湿剤を使いましょう。

また、使用するスキンケアを、敏感肌用、ニキビ用に替えるのもおすすめです。

毎日の生活習慣の見直し

肌荒れの解消のためには、睡眠や栄養を整えることも大切です。

まずは、十分な睡眠時間と眠りの質を確保すること。 最適な睡眠時間には個人差がありますが、目安として1日6時間以上の睡眠時間を確保しましょう。 また、毎日決まった時間に就寝・起床してリズムを作ることで、寝つきや目覚めが良くなり、睡眠の質も安定します。就寝の1時間前にはスマホやPCを使うのをやめ、ブルーライトから目を離しましょう。

食事に関しては、バランスの良い食事を3食、決まった時間に摂ることが基本ですが、肌のためには特に、抗酸化作用のある野菜・果物、保湿に良いといわれるタンパク質、腸内環境を整えるといわれる発酵食品を積極的に摂りましょう。

まとめ

マスク着用が義務付けられている空間も少なくありません。マスクの着用による肌荒れがあっても、マスクを外すわけにはいかない状況があり、肌荒れの原因を知り、自分に合った対策を講じることが大切です。

上記でご紹介したような対策を行っても肌荒れが収まらないときや、肌に赤みが出ている場合などは、早めに皮膚科を受診することをおすすめいたします。

           

化粧品OEMの
お問い合わせ・ご相談

日本ゼトックでは、化粧品の製造委託、開発委託を承っております。
高品質を保持して、大ロットの製造を行う環境を準備しております。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ最新記事

2021年版 化粧品OEM業界の課題と将来性
2021/06/14
2021年版 化粧品OEM業界の課題と将来性
近年、右肩上がりで拡大してきた化粧品OEM(製造受託)。毎年多くのブランドが新規参入し、海外にも販路が広がりました。また、OEM会社の数も増加傾向にあり、製造以外にも扱うサービスが多様化する傾向です。この記事では、2021年以降における化粧品OEM業界の状況分析と、未来予測について取り上げます。 化粧品OEM業界の現状 OEMとは、「Original Equipment Manufacturer」...
商品開発
化粧品ビジネスの立ち上げで使われる「OEM」と「ODM」の違い
2021/06/11
化粧品ビジネスの立ち上げで使われる「OEM」と「ODM」の違い
化粧品ビジネスへの新規参入を目指す企業の多くは、「OEM」あるいは「ODM」と呼ばれる方式で商品を作り出しています。似た意味を持ちますが、それぞれの特徴は異なります。利用を検討している人はそれぞれの違いを正しく理解し、自社に合う方式を採用してください。 今回は、OEMとODMの特徴や違いについてご紹介します。 「OEM」は製造、「ODM」は開発~製造 OEMは、「Original Equipmen...
新規事業立ち上げ
化粧品OEMの国内外市場とは
2021/02/22
化粧品OEMの国内外市場とは
製造を外部に委託するシステム「OEM」は、化粧品業界で多く導入されています。OEMで新規参入する企業は年々増加傾向にありますが、その中でも注目したいのが海外市場をターゲットにした商品開発です。また、化粧品の輸入も従来とは異なる動きを見せています。この記事では、化粧品OEM市場における昨今の市場状況と、輸出入の推移について解説します。 化粧品OEMとは 化粧品に限らず、よく耳にするのが「OEM」とい...
商品開発
化粧品事業を成功に導くポイント
2021/02/22
化粧品事業を成功に導くポイント
化粧品市場に新規参入する場合、OEMで製造を外部委託する企業が増えています。では、どのようにOEMを活用すれば、より有利な事業展開ができるのでしょうか。そのためには時流をつかんだマーケティングが不可欠です。ここでは、OEMのメリット・デメリットや、近年の化粧品市場の動向など、OEMに関する最新情報をご紹介します。 化粧品OEMとは 自社で企画・開発した商品を、外部に委託する製造システムを「OEM」...
商品開発

おすすめ記事

2021年版 化粧品OEM業界の課題と将来性
2021/06/14
2021年版 化粧品OEM業界の課題と将来性
近年、右肩上がりで拡大してきた化粧品OEM(製造受託)。毎年多くのブランドが新規参入し、海外にも販路が広がりました。また、OEM会社の数も増加傾向にあり、製造以外にも扱うサービスが多様化する傾向です。この記事では、2021年以降における化粧品OEM業界の状況分析と、未来予測について取り上げます。 化粧品OEM業界の現状 OEMとは、「Original Equipment Manufacturer」...
商品開発
化粧品ビジネスの立ち上げで使われる「OEM」と「ODM」の違い
2021/06/11
化粧品ビジネスの立ち上げで使われる「OEM」と「ODM」の違い
化粧品ビジネスへの新規参入を目指す企業の多くは、「OEM」あるいは「ODM」と呼ばれる方式で商品を作り出しています。似た意味を持ちますが、それぞれの特徴は異なります。利用を検討している人はそれぞれの違いを正しく理解し、自社に合う方式を採用してください。 今回は、OEMとODMの特徴や違いについてご紹介します。 「OEM」は製造、「ODM」は開発~製造 OEMは、「Original Equipmen...
新規事業立ち上げ
化粧品OEMの国内外市場とは
2021/02/22
化粧品OEMの国内外市場とは
製造を外部に委託するシステム「OEM」は、化粧品業界で多く導入されています。OEMで新規参入する企業は年々増加傾向にありますが、その中でも注目したいのが海外市場をターゲットにした商品開発です。また、化粧品の輸入も従来とは異なる動きを見せています。この記事では、化粧品OEM市場における昨今の市場状況と、輸出入の推移について解説します。 化粧品OEMとは 化粧品に限らず、よく耳にするのが「OEM」とい...
商品開発

CONTACT

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム