化粧品のOEM開発・製造なら日本ゼトック株式会社

HOME > お役立ち情報 > 【アンケート】泥パックをご使用する際の不満点は?

【アンケート】泥パックをご使用する際の不満点は?

【アンケート】泥パックをご使用する際の不満点は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【アンケート】泥パックをご使用する際の不満点は?

皮脂の詰まり、ニキビ、日焼けなど、さまざまな肌の悩みを持つ方に人気な泥パック。エステでも体験できますが、ドラッグストアで市販の泥パックを購入し、セルフケアする方も多数みられます。泥パックの特徴は、粒子の細かい泥の粒が毛穴の中まで入り込み、汚れを落としてくれる点です。毛穴汚れに悩む方には、特におすすめされることの多いパックといえます。

このようにさまざまな魅力を持つ泥パックですが、反対にどういったデメリットがあるのか気になるところ。今回は、20~50代の女性に、泥パックを使用する際の不満点についてお聞きしました。



Q.泥パックをご使用する際に感じたことのある不満点はありますか?(複数回答)

1位 洗い落としが大変…40
2位 におい…19
3位 洗いあがりのツッパリ感…16
4位 塗りにくい…14
5位 肌荒れする…8
6位 その他…3
 

第1位:洗い落としが大変

想像以上に粘着性があったので、洗い流すために大量の水が必要になり大変でした。(千葉県/34歳女性)
毛穴の汚れは確かに落ちるのですが、洗い流すのが結構大変。(東京都/35歳女性)
使用したあとは肌がツルツルになるのだが、ねっとりしているのですっかり落とすまでが時間がかかり、洗面所やお風呂場も汚れてしまう。(新潟県/55歳女性)


回答者の40%が、「泥パックは洗い落としが大変」と感じています。泥パックは肌に吸着して汚れを落とします。そのために粘着力が強く、肌に付着したらなかなか落ちないようです。洗面所、お風呂場など、水場が泥で汚れてしまうのも難点といえます。泥が乾いたら簡単に洗い流せそうなイメージがありますが、実際は余計に肌からはがれにくくなるようです。顔を何度も洗うことになるため、続けていると肌が痛くなりそうという意見もみられました。

 

第2位:におい

泥なので仕方ありませんが、泥臭かったです。でも洗いあがりはさっぱりとしてお肌ツルツルになりました。(鹿児島県/33歳女性)
顔につけて数十分放置するが、その間泥のにおいが耐えられなかった。(神奈川県/30歳女性)
においが洗い落としても残るときがあるので不快です。(長野県/32歳女性)


19%の方が、「におい」が気になると答えています。香料を混ぜているものでも、泥特有のにおいはなかなか消えないようです。パックを塗ってから一定時間放置する必要があるのも、泥のにおいが苦手な方にとってはつらいところ。また、泥のにおいは、洗い落としたあとでも肌に残ることがあるようです。できれば泥パックを購入する前に製品のにおいをかいでおきましょう。中には、泥のにおいがしないように作られているものもあるようです。

 

第3位:洗い流しに時間がかかる

さっぱり、すっきりとした感覚はありますが、肌がつっぱったような感覚があるためいつもよりも多く保湿などを行わなければいけないのが手間かなと思います。(東京都/23歳女性)
パック後、さっぱりするのは気持ちいいけど少し乾燥する。(東京都/32歳女性)
もっとしっとりと仕上げると思っていたのに、結構つっぱってしまった。(福島県/29歳女性)


3位にランクインしたのは「洗いあがりのツッパリ感」で、16%の方が回答しています。泥パックはしっとり潤いを与えるというより、汚れをさっぱり落としてくれるパックです。そのため、人によっては汚れが落ちすぎてツッパリ感を覚えてしまうようです。パックの泥が落ちにくく、何度も肌を洗わなければいけないのもツッパリ感の原因のひとつでしょう。また、泥を塗って放置している最中、泥が乾くにつれてツッパリ感を覚える方もいました。

 

まとめ

泥パックの落としにくさは特にやっかいなようで、多くの方が不満を感じていました。肌についた泥は何度かこすらなければ落ちません。肌が乾燥しやすい方や敏感な方は、肌荒れする可能性もあり、心配する意見を見かけました。また、顔にパックすると、髪の生え際に泥がついてしまう場合があります。髪の毛についた泥は余計に落ちにくく、さらなるストレスの原因となります。髪の毛につかないようなパックやパッキング方法を提案できると良さそうです。

なお、泥のにおいについても多くの意見が寄せられました。泥パックを顔に塗るときは、泥のにおいを数十分かぎ続けることになります。これが平気かどうかは人によって異なります。においに関しては合う合わないはありますが、気になっている方もいるようです。良い匂いとまでは言わないものの無臭の泥などを開発の検討に入れてみるのも良いかもしれませんね。

落としにくさやにおいなどは、泥の特性上仕方がないともいえます。こうした不満点はあるものの、肌がツルツルになる、毛穴汚れが落ちる、肌の色が明るくなるなど、効果を感じている方は多数みられました。皮脂の多さや毛穴汚れ、肌のごわつき、くすみなどの気になる方は、特に泥パックが合っていると実感しているようです。

特徴的な泥パックですが、効果を感じている方も多くみられるため、うまく良いところを引き出す開発ができると肌トラブルの改善としてユーザーに役立たれるでしょう。

 

           

化粧品OEMの
お問い合わせ・ご相談

日本ゼトックでは、化粧品の製造委託、開発委託を承っております。
高品質を保持して、大ロットの製造を行う環境を準備しております。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ最新記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/02/03
第10回化粧品開発展ご来場の御礼
2020/1/20~1/22に幕張メッセで開催された第10回化粧品開発展に出展させていただき、3日間で大変多くのお客様に足をお運びいただきました。数ある企業の中で弊社ブースにお立ち寄りいただき誠にありがとうございました。中でも重曹やマンナン配合のスクラブ製剤、チューブタイプのバームクレンジングなどは多くのお客様に興味をお持ちいただき手に取っていただきました。今回はスクラブ製剤、クレンジング製剤を中...
日本ゼトック

おすすめ記事

日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
2020/04/21
日本ゼトックのオリジナル製剤のご紹介[手指消毒剤 新指定医薬部外品]
日本ゼトックでは長年培った薬事対応力を活かして、新指定医薬部外品も開発をしていますのでご紹介をさせていただきます。 現在、【新指定医薬部外品の手指消毒剤】のお問い合わせが非常に増えてきています。似た物として台所や衣服に使用する[雑貨の除菌スプレー]などがございます。違いを一言でいうと、人体に使用 “できる物”と“できない物”です。新指定医薬部外品の手指消毒剤は文字通り、「手指(人体)」の消毒を目的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
2020/04/13
SDGsへの取り組み ~後編(相模原工場での取り組み)~
「日本初のドッキング工場でCO2削減やゴミ拾い活動を展開」 大手企業などを中心に取り組みが広がっているSDGs(持続可能な開発目標)。 化粧品業界ではマイクロビーズ問題やパームヤシ問題などがクローズアップされていますが、日本ゼトックでは、SDGs採択以前から、当社独自の行動指針に基づいて、社内外の環境改善を目指し、多面的な取り組みを行っており、もとよりマイクロビーズは不使用です。 前編では、全社的...
商品開発
日本ゼトック
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
2020/04/01
SDGsへの取り組み ~前編(全社的な取り組みと東北復興応援)~
「当たり前に行ってきたことがSDGsにつながっている」 2015年に国連総会で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。日本では、法的義務はないものの大手企業などを中心に取り組みが広がっており、2019年はSDGs経営元年ともいわれています。 化粧品業界においても、マイクロビーズ問題やパームヤシ問題といった製造工程における環境保全を始め、健康や福祉、ジェンダー平等といったさまざまな課題に取り組む企...
商品開発
日本ゼトック

CONTACT

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
TEL03-5323-5250
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム